環境方針・運輸安全マネジメント

環境方針

基本理念

当社は、環境問題への取組みが人類共通の課題であると認識し、企業の社会的、公共的使命を自覚し「よき企業市民」として地球環境保全に積極的に取組み、地域社会の発展に貢献し、社会から一層信頼される企業を目指します。

基本方針

  1. 環境関連法規制、条例、協定及びその他の要求事項を遵守し環境負荷の低減、環境汚染の防止に努めます。
  2. 自動車からの排出ガスによる地球温暖化、大気汚染を防止するため、エコドライブの実践、低公害車の導入を推進します。
  3. 環境教育、啓発活動を通じて、全従業員に本方針を周知するとともに、社員の意識向上を図り、地域の環境保護活動に積極的に貢献します。
  4. 廃棄物の適正処理、リサイクルを推進します。
  5. 環境目標を定め、定期的に見直すことにより、環境保全活動の継続的な改善に努めます。
  6. 本方針は広く社外に公表します。

夏島運輸株式会社
環境保全責任者
代表取締役 近藤 智平

運輸安全マネジメント

社会が求める企業を目指す

安心・安全・確実な輸送を目指した取組み

 

「安全はすべてに優先する」

夏島安全十二則

当社では、過去に発生した事故統計から徹底した原因分析を行い、再発防止策を策定し12項目に纏め上げました。毎月一回行われる全員研修会でリーダーが音頭を取り、全員で唱和することにより周知徹底を図っています。

  1. 安全速度を必ず守る。
  2. カーブの手前でスピードを落とす。
  3. 一時停止で横断歩行者の安全を守る。
  4. 交差点では必ず安全を確認する。
  5. 飲酒運転は絶対しない。
  6. フォークリフト作業は基本を守る。
  7. バックするときは、降車し確認する。
  8. 急いだり、焦っている時でも安全確認を徹底する。
  9. 事故防止の為信号待ち、渋滞中に地図を見たり等の行動を慎む。
  10. 車線変更時、左右、後車の速度、車間距離に配慮する。
  11. 日常点検と積荷の点検は必ず実行し怠ってはならない。
  12. 停車時は必ずサイドブレーキ引く等の措置を、駐車時は車止め、ギヤ入れ等の措置を行う。

安全を確保し、継続するための取組み

当社経営理念である「お客様の求める最高の物流商品を提供する」「社会が求める企業を目指す」を実践するために、プロ集団として事故は起こしてはいけないものと考えております。それには、仕事に携わる全ての社員に対する教育訓練が不可欠であり、これにより「仕事を通じて人間の完成を目指す」「会社永続と発展のため最善の経営に徹する」ことが出来ると確信しております。

  1. 年間を通した教育訓練計画の策定及び、実績の評価制度
  2. 本部及び支部安全衛生委員会 
    毎月一回開催
  3. ヒヤリハット活動
    (ドライブレコーダーの活用)
  4. ドライブレコーダーで検出されたヒヤリハット動画の放映
  5. トラック協会主催ドライバー研修等、外部研修の活用
  6. アクセスチェッカーミニによる適性診断 毎年一回
  7. 職場内訓練 
    フォークリフト実地研修 随時
  8. 健康診断100%受診 
    毎年一回(夜勤者年2回)
  9. 新入社員研修 随時

運輸安全マネジメント

当社では、貨物自動車運送事業法、第15条及び第16条の規定に基づき、輸送の安全を確保するために遵守するべき事項を定め、安全運転マネジメントを実施しています。

先進車両の導入による安全対策

当社では、安全装置がフル装備された車両を順次導入し、ドライブレコーダー(デジタコ一体式)による安全運転管理、タイヤのバースト防止のためのチッソガス充填等を行い、安全運転をサポートしています。
先進安全車両+チッソガス充填(タイヤのバースト防止)+デジタコ+ドライブレコーダー+バックアイモニター+左折・バック音声アラーム+ウィングインターロック=セーフティドライブ!!

あんぜんプロジェクト

厚生労働省が主管する、働く人を守る「あんぜんプロジェクト」に参加しています。

AED設置

当社経営理念「社会が求める企業を目指す」のとおり、地域の皆様とのつながりを大切にしております。
社会貢献活動の一環としてAED(自動体外式除細動器)を横須賀市、相模原市、袋井市の各拠点に設置し、従業員はもとより、地域の皆様にも活用して頂く為、使用可能施設登録を行っております。