会社概要

社長あいさつ

 令和元年9月、夏島運輸株式会社は設立して50年という節目を迎えました。

 日本の経済はこの間にも大きく変わり、「良い経済が社会を良くする」時代から「良い社会が経済を良くする」時代に変遷しました。世代間による価値観も大きく変わり、働くということの意味も価値も、人や環境によって大きな違いが生まれたように思います。

 私たちの経営理念には『社会が求める企業を目指す』とあります。つまり、社会の変化に合わせなければ、私たちは価値を失い、求められる企業では無くなってしまいます。価値観や意味が変化したのであれば、私たちも社会から求められる価値や意味を提供し続ける企業となれるよう、選ばれる企業となれるよう組織を牽引していく必要があります。

 以下に夏島運輸経営理念を記載致しますので、個々に対する私の所信とし、代表の挨拶に代えたいと存じます。

代表取締役 近藤 智平

経営理念

社会が求める企業を目指す

  1. 仕事を通じて人間の完成を目指す
     人は学ぶことができます。そして学ぶことで人は成長することができます。成長の為には努力と実践が必要であり、実践には必ず結果がついてきます。日々同じように過ごし、停滞を選択するよりも、失敗を恐れず挑戦をしなければ企業は衰退致します。成長には可能性の開花が伴いますので、社員全員が可能性の最大化を図り、延いては社員個々が自身の完成に近づいていける組織を作ります。
  2. 最高の物流商品を提供する
     安全、高品質が当たり前の時代となりました。「他社にない特異性を産み出すことで差別化を図る」とは、言うは易く行うは難しです。私たちは奇を衒わず、こつこつと地道に安全と安心を約束し、延いては時流の求める柔軟な対応で御客様の求める価値ある物流商品を提供いたします。
     また、誰が提供するのかと問われれば、答えは夏島運輸の社員であります。御客様の価値に見合う教育を行い、柔軟な対応と実践のできる社員育成を行います。
  3. 会社永続と発展のため最善の経営に徹する
     移り行く時代の流れは、停滞した者を容赦なくふるい落とします。企業には明確なビジョンと使命が必要であり、常に目的地と現在地の位置関係を見定めなければなりません。経営は経営者のみで完成するものではなく、携わる社員一人ひとりによる日々の努力ありきで成せるものと考えています。私自身も社員と共に成長し、夏島運輸株式会社の末永き未来を構築して参ります。

会社概要

会社名 夏島運輸株式会社
NATSUSHIMA TRANSPORTATION CO.,LTD
代表者 代表取締役 近藤 智平
所在地 〒237-0062 神奈川県横須賀市浦郷町5丁目2931-68
TEL. 046-865-4501(代表)/
FAX. 046-865-7048
資本金 2,000万円
設立 1969年9月
従業員数 97名(2016年5月現在)
保有台数 109台(埼玉夏島運輸含む)
役員 取締役会長 伊東 正幸
代表取締役 近藤 智平
常務取締役 伊藤 信二
取締役   中川 悟
取締役   栁沼 洋平
取締役   近藤 一美
監査役   近藤 節夫
(2020年6月更新)
取引銀行 湘南信用金庫/横浜銀行/三菱UFJ銀行
事業内容 一般貨物自動車運送事業(75東陸自2貨2第1547号、中運自貨二第640号)
利用運送事業(84東陸自2貨1第607号)
積合せ運送業(82東陸自2貨1第541号)
労働者派遣事業 保管業 輸送関連機器の販売
グループ
会社
埼玉夏島運輸株式会社

夏島運輸株式会社(本社)
横須賀市浦郷町5丁目2931-68

電車の場合 京浜急行本線 追浜駅より
京浜急行バス田浦駅行き〔田17〕に乗り、深浦工業団地 下車1分
車の場合 横浜横須賀道路 朝比奈インターチェンジから6km約20分
※駐車場完備

グリーン経営認証

公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団が主管する環境保全を目的にした取り組みを行っている運輸事業者に対する認証制度に於いて、全拠点で「グリーン経営認証」を取得しました。

「Gマーク」認定事業所

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会が主管する「貨物自動車運送事業安全性評価事業制度」に於いて、「安全性優良事業所」に認定されました。

主要取引先

  • NSK ワーナー株式会社
    丸協運輸株式会社
    株式会社エフアールダブリュウ
  • 住重テクノセンター株式会社
  • キャタピラージャパン株式会社
  • 株式会社松井梱包
  • 東急建設株式会社
  • ネオヴィア・ロジスティクス・サービセス・LLC
  • トランコム株式会社
  • 株式会社フジキン
  • 東邦化学工業株式会社
  • 株式会社サンキュートランスポート東京
  • 大草薬品株式会社
  • 国立研究開発法人海洋研究開発機構
  • 株式会社シンテクノ
  • 日本和紡興業株式会社
  • 国立研究開発法人港湾空港技術研究所
  • メルク株式会社
  • NSK ロジスティックス株式会社
  • 日本海洋事業株式会社
  • ピアス株式会社
  • 株式会社青木製作所
  • 国立科学博物館
  • 全農物流株式会社
  • 株式会社キユーソー流通システム
  • 神奈川芸術文化財団
  • 山川運輸株式会社
  • 株式会社広洋技研
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
  • 萬運輸株式会社
  • 昭和精工株式会社
  • 日本科学振興財団
  • 丸全昭和運輸株式会社
  • 昭和マシンツール株式会社
  • 広島こども文化科学館
  • 株式会社バンテックセントラル
  • 日神機工株式会社
  • 住友重機械工業株式会社
  • 鈴与カーゴネット株式会社
  • ユニオンマシナリ株式会社
  • 株式会社光伸化成製作所
  • 上組陸運株式会社
  • 末吉工業株式会社
  • 株式会社富士ロジテック
  • 株式会社富士ロジトランス
  • 株式会社タナカ
  • 美鈴紙業株式会社
  • 安田倉庫株式会社
  • 藤沢工機株式会社
  • コマツ物流株式会社
  • 株式会社ジェイレンタル
  • 千歳産業株式会社
  • 多摩美術大学
  • 株式会社アマダ物流
  • オリエンタル・デコ
  • 女子美術大学
  • 株式会社ダンロップファルケン神奈川
  • コーンズドットウェルコーディング株式会社
  • 神奈川県立大和西高校
  • ドラゴン金属株式会社
  • 株式会社ロジパルエキスプレス
  • 神奈川県立上溝南高校
  • サクサプロアシスト株式会社
  • 株式会社ニップンロジス
  • 神奈川県立上矢部高校
  • 株式会社丸和運輸機関
  • ブリヂストン物流株式会社
  • 神奈川県立松陽高校
  • 福岡運輸システムネット株式会社
  • アトラスコプコ株式会社
  • 神奈川県立生田東高校
  • 江の島水族館
  • 株式会社日産クリエイティブ
  • 大和市立大和中学校
  • 大洗水族館
  • 株式会社ヨネイ
  • 大和市立上和田中学校
  • 横浜みなと博物館
  • センコー株式会社
  • 横浜市立汐見台中学
  • TBS ビジョン
  • JCN 関東株式会社
  • 葉山町立南郷中学校
  • NPO 法人こども遊学館
  • 株式会社三協社
  • 横浜国立大学付属鎌倉中学校
  • NHK 静岡放送局
  • 鈴江陸運株式会社
  • 横須賀市立久里浜中学校他

  • 順不同、敬称略

沿革

1969年9月 会社設立 山川工業株式会社 追浜工場の自動車部品輸送開始(現ユニプレス株式会社)
1970年1月 横浜輸送株式会社 厚木・中津営業所より厚木部品、日本ラジエターの部品輸送開始
1972年3月 相模原営業所開設 キャタピラー三菱株式会社の建設機械部品を全国に輸送
1979年10月 山川工業株式会社より日産自動車追浜工場へのオンライン納入を受注
1981年11月 急便部設立 小口配送に参入
1982年1月 横須賀市浦郷町の国有地2,365.03㎡を取得
本社社屋及び保管庫を建設  
1984年6月 自動車運送取扱業免許取得(利用運送事業)
1987年6月 相模原営業所に整備工場及び急便部保管庫(プラットホーム)建設
1989年6月 静岡県袋井市に袋井営業所開設 NSKワーナー株式会社袋井新工場の輸送開始 
1996年12月 急便部を再編し中ロット輸送を開始 
2000年11月 ISO9002取得(相模原営業所、車両部)
2003年9月 ISO9001:2000にグレードアップ(相模原営業所、車両部、営業部)
2007年1月 埼玉県桶川市にさいたま営業所開設 太陽紙業株式会社/日藤段ボール株式会社の輸送開始
2008年3月 資本金2000万円に倍額増資
2008年8月 さいたま営業所を分社し、埼玉夏島運輸株式会社とした
2009年10月 ISO9001:2008にグレードアップ(相模原営業所、車両部、営業部)
2009年12月 袋井営業所 安全性優良事業所認定「Gマーク」取得
2010年2月 本社、相模原、袋井、全営業所「グリーン経営」認証取得
2010年12月 相模原営業所 安全性優良事業所認定「Gマーク」取得
2011年11月 外部審査機関認証から社内監査システムに転換
2014年12月 本社営業所 安全性優良事業所認定「Gマーク」取得
2017年4月 静岡県周智郡森町の土地3,755.8㎡を取得 袋井営業所を移転